性風俗の小話

性風俗を利用した時の小話集です。

噴水のように精液が出ました

投稿日:2016年8月1日

デリヘル嬢をベッドに腰掛けたまま、押し倒して、オプションのロータを使用します。「ロータは好きだけど、舐められる方がいいかな」ということだったので、まずはロータで刺激して、クリトリスを剥いて、直接「弱」で押当てると、デリヘル嬢は体をこわばらせながら、大きく足を開いて。綺麗なピンク色のビラビラとクリトリスが、明るい照明のもとで輝いていました。感じる程に足を閉じて、突っ張らせながら、またもや、数回逝ってしまったようですが、「舐められる方がいい」というので、ロータを女の子の乳首にあてながら、剥いたクリトリスをベロ先で刺激すると、またもや、体をピクピクとさせながら、逝ってしまいます。いったい、何度逝ったのか、分からないくらいですよ。とにかく敏感な女の子でした。逝き疲れたようなので、ここで攻守交代です。女の子のねちねちしたフェラチオで、逝きそうになったところで、なぜか女の子は手コキに移行して、ザーメンを噴水のように発射しました。

JKコスの似合う女の子でした

清純な感じの女の子ですよ。JKコス萌え?っという感じでした。コスプレとはいえ、本物のJKなムードにはやられましたね。それくらいリアル感を感じることができました。すごく親切というか、気立てのいいデリヘル嬢で「今日はご指名ありがとうございます。絶対に満足できる内容にしちゃうからね」なんて言われちゃって、指名もスタッフお勧めをやる気を出してもらうために指名にしたのですけど、やっぱり指名の効果はありそうですね。高鳴る気持ちを押し殺して、シャワールームへ入ったのですがそこでもトークが弾んで、どんなエロエロプレイが好きとかをお互いに赤裸々にトークしました。「もうガマンできないから早くベッドへ行こうよ」そうすると「うん・・いこいこ」めっちゃにっこりスマイルがかわいくて。えくぼが印象的なデリヘル嬢ですよ。まずはたっぷりとお互いのキッスで濃密な時間を楽しんで、今日はかなりムラムラしていたので直ぐにちんこを舐めてもらって手コキで発射しました。