性風俗の小話

性風俗を利用した時の小話集です。

おまんこ舐め舐め攻撃です

投稿日:2016年1月14日

時間通りにデリヘル嬢が到着してくれます。てきぱきと時間を確認して、プレイ代金を支払い、お店に連絡してトークタイムです。ウーロン茶を軽く飲みながら、さらにトークが進みます。それからすぐにシャワールームへ、このあたりは時間配分を考えてくれているのがわかりますね。シャワーもすごくスピーディにちゃきちゃき洗ってくれて、私もデリヘル嬢洗ってあげながら、ポイントポイントをなまめかしくいじりながら、プレイをおっぱじめちゃいそうなモチベーションになるのを抑えつつ、ささっと流して、シャワーは終わりで、ベッドへ行きます。かなりの淫乱なオーラを漂わせた女豹のような女の子で、ベッドに横たわっていても、いつでも受け入れOK的なデンジャラスムード満点ですよ。今か今かと攻められるのを待っているのが感じ取れました。なので、さっそく、おまんこクンニです。さらにまんぐり返して、女の子にも見えるようにじゅるじゅる、ちゅぱちゅぱと舐め倒しました。

時間があったらたっぷり絡みたい女の子

午前休暇で用を済ませたら、小一時間くらい余ったのでお店の受付けにゴーです。ネットのホームページを見て狙った女の子を指名したら、女の子日のためにお休みのようです。今日の在籍はどの女の子も好みのタイプなので気をとり直してフリー宣言です。レンタルルームを手配してもらって移動。レンタルルームに入って、お店に連絡をすると数分でデリヘル嬢が到着です。このお店は待たせないので、いい感じですよ。狭いシャワールームで密着しながら、優しくさらに優しくちんこを洗ってもらって、すごく上手くそれだけでちんこが暴発寸前でした。ベッドでプレイスタートです。デリヘル嬢のうなじ周り、おっぱい周り、など全身が性感帯で、アッと言う間に逝ってしまいましたよ。インターバルの後、内股をさするとまた高まったとのことで、ディープキッスをせがまれる始末です。攻守入れ替わって生フェラチオで気持ち良く逝かせてもらいました。時間がないのでここで終了です。