性風俗の小話

性風俗を利用した時の小話集です。

肛門をやられた後は仕返しです

投稿日:2016年4月5日

四つん這いになって肛門にたっぷりローション垂らして塗られて肛門とキンタマを刺激してきます。これだけで声が出ちゃうほど気持ちいいのですよ。ですがさらに舐めちゃおうということで、肛門舐めが始まります。強弱つけてペロペロしたりドリル舐めという荒技でねじ込んできたら悶絶ものですよ。ボディがよじるほど気持ちのいいテクニックです。肛門指入れからの前立腺刺激が溜まらなく気持ちがよくて、これに乳絞り手コキが加わってしまうと、鉄板ですから、もう発射するしかないというシチュエーションになります。もちろん前立腺刺激という普段では感じることのできない快感の中でさらにちんこの手コキまで加わって気持ち良く精液を発射してしましました。やられっぱなしではまずいので攻守交代をお願いしてデリヘル嬢と軽いディープキッスからおっぱい乳首をペロペロしていざクリトリスに。もうすでにぐっしょりになっていますよ。ています。クンニ口撃と中指挿入でGスポ刺激で簡単に逝ってしまいました。

健忘症ここに極まれりかな

今回も女性スタッフがTELに出ました。最初の頃は戸惑いましたけど、要領は分かっているので話はスムーズです。すぐに案内できるのが一人で以前に遊んだことがあった女の子ですし、選択肢はありませんから、迷わずお願いしました。ホテルから入室の連絡をすると、女の子が到着しました。前の記憶が曖昧というかあやふやというか、こんなデリヘル嬢だったっけという感じです。健忘症もここまできたかというところなのですけど。こういう物覚えの悪さは加齢とともに大きくなっていくので怖いですよ。しばしのトークタイムのあと、早速シャワールームへ。相変わらずチンポジの収まりの悪いスケベ椅子に少々戸惑いながらも、女の子に身を委ねました。ローションを塗られて、乳首とちんこをソフトに攻められながら、上目使いに私の様子を伺って来るのが憎いですね。徐々に顔が近付いてきて、ディープキッスしてくれます。もうメチャクチャ可愛いくて、もうガマンする気もおきないので、大量発射してしまいました。