性風俗の小話

性風俗を利用した時の小話集です。

若妻が来てくれてテンション上げ上げです

TEL応対は特に不快を感じることはありませんでした。普通の対応ですよ。口コミでは上から目線とか、不親切なんて言われてますけど、どこにいってもサービス過剰のような気がするので普通が一番ですよ。こっちのほうだって助かってるんですから、お店や女の子には感謝の言葉しかありません。今回は風俗はもっとオープンにを見て見つけた若い子と伝えてフリーでお願いしました。人妻店で若い女の子というのも無謀ですけど、どのくらい言っておかないと40歳代後半のデリヘル嬢なんてこともありますからね。普通でも30歳代半ばなんてことが普通なのでもう少し若い人妻がいないかな、なんて思ってるんですよ。そして来てくれたのはなんと20代の若人妻ですよ。これには参ったというか嬉しくなりました。まさにもう感謝しかないというかんじですね。トークはどうかな。これといって楽しいトークでもなかったような・・。プレイとしては、フェラチオ、スマタ、手コキといった王道パターンなのですけど、一つ一つのクオリティが高くて合格です。そして個々が絶妙に絡み合っていくので、気持ち良く発射できましたよ。

パイズリで発射を試みました

TELでリザーブして駅近くのホテルで待ち合わせです。陽気なスタッフには若い女の子がいいというリクエストをして、勧められたデリヘル嬢を指名しました。若いといっても人妻というからには結構なおばさん、と思いきや本当に若い女の子だったのでちょいとビックリしました。というか、スタッフグッジョブですね。まずは一緒にシャワーを浴びるのですが。服を脱いだら、これはまた結構なボリュームの爆乳おっぱいがお目見えしました。顔もいいしこの料金でこれは大当たりといえるでしょう。ベッドの上でディープキッス。おっきな爆乳おっぱいが私の胸に当たる当たる。鷲掴みにしておっぱいを揉み倒しました。若い人妻デリヘル嬢のおっぱいはいいですね。「ちょっとこれ挟んでみてくれるかな?」と言って勃起したカチカチちんこを差し出すと、「はい・・」なんて照れながらも一生懸命パイズリしてくれましたよ。照れた顔がまた可愛くて下半身に血が回ります。おっとりとした外見ですが、サービス精神旺盛なデリヘル嬢のようです。